恋人の距離感 パーソナルスペースを利用してお近付きになる方法

パーソナルスペースって知ってるかしら?

人間は自身の周り数㎝に入られると不快に思う空間があるの。

心理学的に人によって広い狭いはあるけど、好意を持つにつれその距離が狭くなるの。

このパーソナルスペースを理解することが恋愛の距離感をうまく保つヒントになるかも♪

パーソナルスペースとは?

社会心理学には、パーソナル・スペースという用語があります。これは、コミュニケーションをとる相手が自分に近づくことを許せる、自分の周囲の空間(心理的な縄張り)を指します。

 縄張りですから、ここに他人が侵入してくると、人は不快感や嫌悪感を感じます。防衛本能が働いている状態になるのです。しかし、逆に親しい相手や好意を寄せている相手であれば、容易に受け入れることが出来ます。
 人は相手に応じて、その距離感を使い分けているのです。

 アメリカの文化人類学者。エドワード・ホール(Edward Hall)は、相手との関係と距離感を以下の4つに分類しています。

4つの距離帯
1・密接距離(intimate distance) :0cm〜45cm・身体に容易に触れることが出来る距離
・家族、恋人など、ごく親しい人がこの距離にいることは許されるが、それ以外の人がこの距離に近づくと不快感を伴う

2・固体距離(personal distance) :45cm〜120cm
・二人が共に手を伸ばせば相手に届く距離
・友人同士の個人的な会話では、この程度の距離がとられる

3・社会距離(social distance) :120cm〜350cm
・身体に触れることは出来ない距離
・あらたまった場や業務上上司と接するときにとられる距離

4・公衆距離(public distance) :350cm以上
・講演会や公式な場での対面のときにとられる距離

gooヘルスケア 参照

ということよ。

満員電車なんかで不愉快に思うのは親しくない人がパーソナルスペースの中に入ってきているからね。

恋人と一緒にいてドキドキするのは親しい人がパーソナルスペースの中にいるから

このようにパーソナルスペースは人間の感情に大きく影響を与えるわ。

ではこのパーソナルスペースをうまく利用して気になる人をドキドキさせちゃお♪

パーソナルスペースをうまく使う

今まで意識していない人が密着した距離にいると急にドキドキしたり意識しちゃったりしたことない?

心理学的にパーソナルスペースを急に距離を縮めることで相手に刺激を与え意識させたりドキドキさせることができるの。

これってモテる人は自然とできるのよね。

職場とか周りにいるでしょ?やたら近い人。あとボディタッチが多い人!

そういう人はモテていることが多いの。もちろんそれだけじゃだめだけどねw

注意しないといけないのは、本当にいきなり行きすぎないこと

一段階くらい縮めるのは全然大丈夫だけど、あんまりしゃべったことないのに急に攻めていくと逆に引かれちゃうからね!これじゃあ満員電車と同じよね。

応用編

普段からボディタッチができる人はいいけど、できない人はお酒に酔ったふりをしましょう。

あとは何か理由を付けてパーソナルスペースに侵入しちゃうこと!

例えば

ごみが付いてるよ!←よく使うw

手相見せて!

ケータイの画像見て!

こんな感じで自然に至近距離に潜り込めるような理由を仕込んどけばいいの。

え?計算高いって?

そのくらいしたたかに行かないと取られちゃうわよ!

まとめ

恋愛においてパーソナルスペースを意識することは非常に重要な事ね。

パーソナルスペースとは自分の周り数㎝にある侵入されると不愉快になる空間のこと。

好意があればあるほどその空間は狭く、近くなり、好意がなければ広くなるの。

男女差としては男性は前方に広い楕円形、女性は円状に広がっているわ。

恋愛に活かすためには急にパーソナルスペース内に侵入して距離を縮めたりすることで相手をドキドキさせちゃうというテクニックもあるわ。

相手の出方を伺いながら無理のないように距離を縮めてみてね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク