手に現れるサイン 行動から読み取るYES/NO

会話をしている時手はどうしていますか?

腕を組んでいる?

ポケットに入れてる?

意外にも手の位置や行動から相手の心理を読み取ることができるの。

大事な人と会話をする時、相手の手はどう?

また自分の手の位置や行動で悪い印象を与えかねないから注意しないといけないよ。

手は口ほどにモノを言う?

人と会話をする時は会話に集中するので手は無意識な状態になります。

よっぽどのことがない限り会話中に手に意識を集中することはないです。

こういう無意識な状態の時こそ人間の感情はサインとなって表れてしまいます。

手の位置、手の動き、癖、仕草・・・

どういうものがどういうサインなのか解説していきましょう。

YES【ポジティブなサイン】

ポジティブなサインは分かりにくいものが多いです。

というのも基本的に人は会話をする時相手に不快に思われないように気を付けるため、こういったサインは埋もれてしまいますのでわかりにくいことが多いです。

あごを触る。

探偵とかが考える時のポーズですね。

これは相手の話を理解しようとしたり、同意したり関心する等のサインです。

手のひらを見せる。

手のひらを見せるということは相手に心を許しているサインです。

パーソナルスペースに入ってきていいよ。

もっと近づいてきていいよ。

というサインです。

両手を広げている。

相手を受け入れようとしているサインです。

お互いのことをもっとよく知りたい、話したいという感情があります。

テーブルの上を片付けたりふいたりする。

相手の話に興味を示しています。

また自ら相手のパーソナルスペースに入りたいという感情があります。

NO【ネガティブなサイン】

このサインをしっかり読み取ることが大切です。

表面上良い感じに話してくれる人も実は何を考えているかわからないものです。

相手に対して本当は受け入れてない、不快に感じている等のサインを紹介していきます。

頬に手をついている。

これは相手の話に興味がない状態、退屈な状態です。

相手のミスを探したり、相手の意見に反対しようとしている状態です。

花の脇をこする。

不快に持っています。

疑い・拒絶・不快のサインです。

テーブルの上の物をいじったり、指やペンでトントンする。

話を聞いていなかったり、早く話を終わりたいと思っています。

腕を組む、後ろで両手を組む。

自分のパーソナルスペースに侵入してくることを拒んでいます。

警戒のサインです。

鼻の下に手をあてている。

疑いのサインです。

相手の話を疑っています。

拳を握っています。

相手の話に納得していないというサインです。

怒っていたり、不快に思っています。

ペンや指で相手を指す。

相手のことをバカにしています。

人を自分より下に見ることで優越感を感じるタイプです。

いかがでしょうか?

会話の中で相手の心理を読み取るためにこういったささいな行動やサインに気を配ってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする