ギャップを利用してより魅力的になる方法! ゲインロス効果

心理学

ギャップがある人って魅力的よね。

良いギャップも悪いギャップもあるけど、どんなギャップでもそのギャップがあることでより魅力的に感じてしまうことを、『ゲインロス効果』と言うの。

恋愛においてもこのゲインロス効果をうまく利用して意中の相手により自分を好きになってもらっちゃおう!

スポンサーリンク

ゲインロス効果とは?

ゲインロスの前にハロー効果についてのお話し。

ハロー効果と言うのは第一印象でこの人はこういう人だろうという印象のこと。

 

例えば草野球に初めて参加する人がいたとするわ。実力は中の下。

 

『バリバリにやってた。』

 

『全然やったことない。』

 

この2つの前評判をぶら下げて参加したとすると・・・

 

『バリバリやってた。』割に中の下

実際会ってみたらそうでもなかったという印象が、ロス効果というの。

ハロー効果によって過剰に評価された印象が徐々に覆されていき評価が下がっていくわ。

 

『全然やったことない。』割に中の下

この場合思ったより上手かったという印象がゲイン効果というの。

ハロー効果により過少評価された印象が覆されたとき評価が上がっていく

 

同じ実力なのに印象がだいぶ違うわね。

これがゲインロス効果という心理ね。

 

恋愛においてはどう活かす?

例えば

ヤンキーなのに花壇に水をあげていた。

 

みたいなことがあるとものすごく良い印象になるわね。

 

ヤンキーというマイナスのハロー効果があるため、ただ水をあげてただけなのに評価の上り幅が大きいわね。

これがゲイン効果ね。

 

 

逆に

成績優秀メガネの生徒会長が道に落ちてる100円をねこばばした

 

真面目なハロー効果があるため、100円をねこばばしただけなのに評価の下がり幅が大きいわね。

これがロス効果ね。

 

逆だったらどうかしら?

 

ヤンキーが100円ねこばばした。⇒まあするかな。評価下がらず。

 

生徒会長が花壇に水をあげてた。⇒美化活動かな。評価上がらず。

 

ということね。

 

この場合ヤンキーは常に得をして、生徒会長は常に損しいるわw

 

 

別にヤンキーになれと言いたいわけじゃなけどw

 

このハロー効果を理解すれば、第一印象で過剰評価されるような情報は出さないことね。

 

そして徐々にギャップとして小出しにしていけばいいの。

 

あえて第一印象を下げに行く人もいますがそこまでは高等な技術がいるからあまりお勧めはできないわ。

 

例えば恋愛におけるゲイン効果の例としては次のようなものがあるわ。

 

強面なのに すごく低姿勢だった。

・ズボラそうなのに 料理が上手だった。

・痩せてるけど 実は細マッチョだった。

・真面目そうなのに ユーモラスな人だった。

・遊んでそうなのに 誠実だった。

・オタクに見えるのに スポーツ万能だった。

・好きな人が 優しかった(PEACE!)

 

こんな感じかな。前半がハロー効果です。後半が本当の姿でそれによって評価の上り幅が大きくなってるわ。(ゲイン効果)

 

※道(交差点)に落ちてる100円は交番に届けましょう。

 

自分はどんな印象があるかを考えてみる

さてそれでは自分自身について向き合ってみましょうか。

自分はどんな第一印象をもたれやすいかしら?

つまり自分に起こるハロー効果を把握することが大切です。

 

友達や知り合いに自分の第一印象を聞いてみてもいいかもね。

先輩や後輩、上司や部下、親しい友達からそうでない友達まで。

色んな人に聞いてみて。

たくさんの情報を得ると傾向が見えてくるわ。

 

そこからゲイン効果を得られるような良いギャップを見つけていくわけ。

 

え?そんなギャップないって?

 

そんなことないわ。全て見た目通りの人間なんていないもん。

きっと見つかるわよ。もっとよく自己分析をしてみて♪

 

あえてマイナスの印象を作り出す

達人にもなればこのゲイン効果のギャップを自分でコントロールするようになるの。

 

わざと厳しいことを言ってマイナスイメージを植え付けておいて、その後に優しい言葉をかけ親切にしてあげる。

これで恋に落ちる可能性はグッと上がるわ。

 

非常に難しい技術だけど、策が無ければやってみてもいいかもね。

 

まとめ

人の評価は印象によって大きく上がったり大きく下がったりするもの。

そこにはハロー効果、ゲイン効果、ロス効果という心理的な効果が影響しているの。

 

男性女性関係なくこういったギャップにはグラっときちゃうものよ♪

 

こういった印象を上手く操作することができれば恋愛を上手く発展させることもできるわ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました