時代は割り勘派?男性に好かれる支払い術とは

テクニック・小技

一昔前までは男性が支払いをするのは当たり前!女性は払わなくていいよというのが普通だったけど、最近では割り勘が増えてきているみたいね。

昔に比べて女性も自立している人が多く、平等な意識が浸透しているからね。

一つ工夫すれば男性からの好感度は急上昇の割り勘術の紹介よ!

スポンサーリンク

割り勘が増えてきている

最近では男女平等って色んな所で言われているわよね。

仕事もガンガン働く女性が増えたしね。

それなのに支払いだけレディ―ファーストって奢られるのが当たりまえとか図々しいわよ!

 

男女平等だから支払いも割り勘ね!っていう時代になってきつつある中で、気を付けないといけないのは男性のプライドよ!

まだ男性の中には女性には奢って当たり前精神が根付いているから、気を使って割り勘にしたつもりが男性のプライドを傷つけちゃう可能性だってあるの。

 

男性の承認欲求

男性のプライドとしてここの支払いは男に任せんしゃい!と言いたいのよ。

だから支払いの時に

 

いくらだった?半分出すね、はい!

 

って淡白にお金出されると男性の承認欲求は満たされないわ。

ここは男性を上手く立ててあげてあげて!

 

男性のプライドをくすぐり、上手に転がす方法とは?についてはこちら

 

上手に割り勘にする方法

とは言え男性のサイフ事情的にも少しでも出してくれたら嬉しいわ。

奢られて当たり前ってお高くとまった女性より少しでも割り勘にしようとしてくれる女性の方が好まれるわよ。

でも店を出る時お金を出させたくないというのも男性のプライド。

でもサイフすら出さない女性は嫌われる。

ややこしいわよね!

 

ここを上手に乗り切る良い言葉!

 

『ありがとう!この後お茶でもどう?そこは私が出すね!』

 

100点!

男性のプライドも満たし、

次のお茶も行けるし、

奢られてばかりの女にもならない。

 

あたしから見たらしたたかだけど、男性から見たら非の打ちどころがないわね!

 

まとめ

男女平等の時代になって徐々に女性が奢られて当たり前から割り勘が当たり前になってきつつあるわ。

女性に奢ってあげたい気持ちもあるけど、少しでも女性にお金を出してくれればありがたいというのが男性の本音。

そんな中男性のプライドを傷つけないように上手に承認欲求を満たしてあげるのがモテる女性の上手な割り勘術ということね!

 

『ごちそさまでした!次に行く店は私が出すね!』

 

って言えれば男性は承認欲求も満たせるし、割り勘でサイフ的にも嬉しいし、あなたの株が上がること間違いなしよ♪

ちゃんと財布を出したりお礼を言うことも忘れないこともポイントよ。

チャンスがあったらやってみてね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました