単純接触効果 なぜ身近な人に恋心を抱く?

恋ってどんな時に生まれるのかしら?

どんなシチュエーション?どんな相手?

実は恋が生まれれやすいのは意外にも身近な人だったりします。

クラスメイトのあの人、同じバイト先のあの子・・・

こういう身近な人に恋心を抱いてしますには理由があるのよ。

単純接触効果(ザイアンス効果) とは?

初めのうちは興味がなかったり、苦手だったりしたものも、何度も見たり、聞いたりすると、次第によい感情が起こるようになってくる、という効果。たとえば、よく会う人や、何度も聞いている音楽は、好きになっていく。これは、見たり聞いたりすることで作られる潜在記憶が、印象評価に誤って帰属されるという、知覚的流暢性誤帰属説misattribution of perceptual fluency)で説明されている。また、潜在学習や概念形成といったはたらきもかかわっているとされる。

図形や、漢字、衣服、味やにおいなど、いろいろなものに対して起こる。広告の効果も、単純接触効果によるところが大きい。CMでの露出が多いほど単純接触効果が起きて、よい商品だと思ったり欲しくなったりするのである。

参照 wikipedia

つまり何度も会う人、良く顔を合わせる人に対して好意を抱いてしまうのが人間の習性なの。

クラスメイトやバイト先、仕事先の人を好きになった経験は誰でも一度くらいはあるはずよ。

それは当たり前の話なの。

何度も接触するうちにその人を好きになっちゃう。

私もあったんだから!

しつこく接触しすぎて警察呼ばれて・・・

この習性を活かせれば意中の相手が自分に好意を寄せてもらえるようにすることだって可能かのしれないわ!

単純接触効果を活かしたアプローチ方法

さてこの単純接触効果という人間の習性を活かして気になる人にアプローチをしちゃいましょう!

接触といってもボディータッチじゃないわよ!

ボディータッチももちろん有効な手段だけど、それは一回置いときましょうw

ここで言う接触は顔を合わせること、会話(メール)をすること

この回数を少しだけでいいからできるだけ毎日するようにしましょう。

(といってもメールは毎日するとしつこいわw)

ここで気にしないといけないのは接触時間ね。

一回の会話があまり長くなりすぎると、それを毎日は逆効果になっちゃう可能性があるからね。

例えば

必ず一日一回は挨拶をする。

一日一回話す機会を作る。

たまにメールを送ってみる。

このくらいで十分よ。重要なのは回数だからね!

まとめ

単純接触効果とは毎日少しづつでも接触することで好意を抱いてくるという人間の習性のことをいうの。

この習性を上手く利用して、気になる人に毎日少しづつ接触する機会を作れば恋愛が発展する可能性は大いにあるわ♪

あくまでうざがられないように過度な接触はやめとくようにね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク