身体像境界 派手な服を着る人の心理とは?

心理学

自分に自信の無い人や、対人関係で悩みを抱える人は衣服に特徴が見られることがあるの。

衣服は身体像境界に位置付けられて、心理的に自分と世間を分け隔てるもののされているの。

この衣服に特徴が見られる人はどういう心理なのかしら?

スポンサーリンク

身体像境界とは?

自分自身の身体に対するイメージを身体像というの。

セルフイメージは物理な身体もそうだけど、心理的な自分自身という見えないものをも指すの。

そして身体像境界は、自分と世間を分け隔てる境界線のこと。

他人と接することができるのは無意識のうちにこの身体像境界で守られていると感じているからね。

言い方を変えると心のバリアーみたいな感じかしら?

 

身体像境界は身体と世間を分け隔てるもの。身体に纏った衣服は身体像境界そのものとも言えるわね。

 

衣服で分かるセルフイメージ

自分に自身がなかったり、セルフイメージがネガティブな人は人間関係が上手く築けなかったり、ちょっとしたことで傷ついたりするわ。

そういった人達は身体像境界をハッキリすることで自分を守ろうとするの。

 

つまり奇抜なファッションや派手な服を着ることで身体像境界をハッキリさせるわけね。

こういった格好をしている人は自分に自身がなくて、派手な服を着ることで身体像境界を大きくし、人を寄せ付けなくさせようとしているということなの。

 

もちろん自己顕示欲が高いだけの人もいるんだけどね。

どうかしら?周りにそういう人いるかな?

 

行動に出る補償とは?

自分に自信がない人、セルフイメージの低い人はその行動にも特徴が表れるの。

例えば、上から目線でものを言ったり、横暴な態度を取ったり、奇行ともとれるようなことをしたり

こういった行動は補償という行動なの。

自信がなくて、攻められる前に先制攻撃をする。

やられる前にやれ!

みたいな感覚ね。

図太いように見えて実は繊細で臆病なのよ。

 

セルフイメージをポジティブに持つ

全ての原因はセルフイメージがネガティブであること。

もっと自己分析をして、自分の良い所を探してあげて!

そうすれば身体像境界を大きく取るために奇抜なファッションをしたり、補償のような横暴な行動をとることもなくなり、対人関係も良好になっていくわ。

 

周りにそういう人いないかしら?

社会のルール守れずに派手な服着たり、偉そうな態度を取ることで自分を、守っている人。

セルフイメージを高め自信をつけるような言葉をかけてあげてね!

 

まとめ

自分と世間を分け隔てる境界を身体像境界というわ。

自分に自信がない人やセルフイメージが低い人は人を遠ざけるために身体像境界を大きく取るの。

派手な服や奇抜なファッションをしている人はそうかもね。

また、自信のない人やセルフイメージが低い人は補償という行動をとり、身を守ろうとするわ。

補償とは横暴な行動、偉そうな態度や奇行などの行動。

 

こういった人はセルフイメージをネガティブな状態からポジティブな状態にしてあげることで改善することもできるから、自信がつくような言葉をかけてあげるといいわ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました