メールやLINEより気持ちや想いを伝えれる最適な方法とは?

今の時代はメールやLINEで簡単に気持ちや想いを伝えれるようになり、その重みがなくなっているように感じるわ。

デジタルな文字では伝わらないような熱い気持ちや想いをしっかり伝えるには手書きの手紙を使うと全然効果が違うって知ってた?

メールやLINEはすごく便利なツールだけど・・・

スマホに必ず入っているのがメールやLINEのようなコミュニケーションツールね。

今じゃ高校生や中学生はもちろん、小学生だってこういったものを使ってコミュニケーションを取る時代よ。

LINEがあると簡単に友達ができるわよ。

すぐにコミュニケーションが取れるし、電話番号を直接聞かなくても友達になれたりもする。

すごくイイことではあるんだけど、それによってできる弊害もあるのはしかたないこと。

言葉に重みがなくなってしまったのよ。

コミュニケーションが手軽に取れるが故、その一文字一文字の重みがなくなり、気持ちや想いが伝わりにくくなっているの。これはある意味大問題よね。

特に恋愛においてはこういったコミュニケーションツールに頼りすぎていると上手く行かないような事例が多いの。

いかに自分の気持ちや想いの本気度を伝えるにはメールやLINEじゃなくて手書きの手紙で伝えることをおすすめするわ!

手書きの手紙で重いが伝わる理由

手書きの手紙って最近じゃあまりもらわなくなったんじゃない?

昔ならそれが当たり前だったのよ!

ラブレターというやつね。

今でも思い出すわ、中学の時ラブレター渡そうとドキドキしながらマサシの後を付けていたら家までついて渡そうか渡すまいか迷ってたらストーカーと間違えられて警察呼ばれたこと。

おまわりさんに説明するの2時間かかったわ・・・

メールやLINEが無い時代はみんなラブレターや恋文に想いを載せて恋愛をしたものよ。

でもこういった手書きの手紙がすごく気持ちが伝わっていいの。

その理由はやっぱり手書きと言う暖かさにあるわね。

メールやLINEは誰が入力しても同じ文章、同じ文字

手書きの手紙はその人の人柄や性格がすごく読み取れるわ。

丁寧な文字で書かれて、何度も書き直した後や添えられた絵なんかに想いの強さとかドキドキ感がすごく伝わってくる。

読み手だってその文章を読んでいる間、その人がどんな想いでこの手紙を書いたのかすごく考えるの。これはラインとかじゃなかなかないわよ。

簡単に返信できないから一通一通を大切にする

メールやLINEは既読になってすぐ返ってきたりして、待っている間のドキドキ感はあきらかに少ないわ。

毎日ポストに見に行ってまだ読んでないかな?とか考えるあの甘酸っぱさというのはまさに恋愛の味よ!

しっかり一通一通、一文字一文字を大切にするようになるのよ。

その手書きならではの重みと言うのが今の時代には足りないのかもしれないわね。

恋愛以外でも使える

もちろんこういった手書きで伝える想いの強さというのは恋愛だけじゃないわ。

ビジネスや友達同士でも使えるのよ。

例えば接客でもそう。

某有名カフェでカップに書かれたメッセージが嬉しく思ったことない?

も一回来店したいなって思ったでしょ?

他にも年賀状に書かれた一行のメッセージににやけたこととか。

こういう風に色んな場面で手書きのメッセージで気持ちや想いを伝えることができるわ。

まとめ

いまの時代はメールやLINEで簡単にコミュニケーションが取れるから、メッセージに重みが足りなくなって気持ちや想いが伝わりにくくなっているわ。

そんな中しっかり想いを伝えるのにおすすめなのが手書きの手紙よ。

手書きの文字には暖かみや想いの強さを感じる事ができるし、それを呼んでいる間は書き手がどういう風にこの文章を書いたのかな?って考えながら読んでくれるからすごく嬉しい気持ちになる。

恋愛以外でもこういう手書きの文章は想いを伝える事ができるからコミュニケーションツールとして積極的に使うといいわよ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク