座る位置の心理 心の距離が急接近する位置は?

座る位置って心理学的にすごく意味があります。

隣に座る、正面に座る、斜めに座る

それぞれ心の距離を表したり、親密になるためのポジションなんかがあるので、

合コンやデートなんかで気になる人がいる時は座る位置に注目してみてください♪

正面に座る

正面に座るということは『対面』するわけです。

対面するということは敵対視を持つ、警戒をするといった心理に陥ってしまう可能性があります。

この場合討論や口喧嘩になってしまう可能性が高くなります。

とは言え積極的に話したいという気持ちを持っていることは間違いありません。

上手いこと会話を盛り上げれるなら問題ありません。

しかし2人で居酒屋等に行くと正面に座ることになることが多いかと思われます。

一番良くあるシチュエーションですが恋が進展しやすいポジションではありません。

ちなみにレディーファーストで女性を奥に通す人も多いかもしれませんが、お化粧直し等でお手洗いに行くことが多い女性を通路側に座らせてあげることも優しさかと思います。

横に座る

横に座るということは『接触する』機会が増えます。

机を挟んで座るのではなく、直で隣になりますのでボディータッチがしやすく触れ合いの機会が増えます。

パーソナルスペース的にも最も近い恋人の距離です。

相手から自ずと隣に座ってきたのなら好意がある証拠です。

恋に発展しやすく、親密になるためにはベストなポジションと言えます。
居酒屋等ではカップルシートやカウンターではこういうシチュエーションになることは可能ですが、どこでもあるわけではありません。

バーなんかでしたら割と自然に横に座ることができますので、おすすめです!

ちなみに男性が右側、女性が左側にいる時がお互い一番安心する傾向があるみたいです。

斜めに座る

斜めに座るということは敵対視はしていませんが、しっかりとした好意があるとは言い難い状態です。

この場合隣に座るほど強く好意があるわけではないが少なからず好意は抱いているというところです。

同じ斜めに座るでもL字型のカップルシートなんかは隣に座っている状態とみなしますので、あくまで4人掛けテーブルより大きいテーブルでの話になります。

まとめ

座る位置によって心の距離を測れることはわかってもらえたでしょうか?

正面=警戒心を抱いてしまう可能性有。おすすめできない。

横=ボディータッチがしやすく親密になりやすい。おすすめ。

斜め=距離が遠くコミュニケーションが取りづらい、好意は少なめ。

というところです。

是非参考にしてみて下さい♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする