デートで緊張する人は損をする! あがり症の対策について

デートをしたり、男女で二人っきりになったりすると緊張しちゃうわよね。

でも緊張してもいいことなんかないわよ!相手に与える印象が全然変わってきちゃうからね!

緊張すると起こるマイナスな事とあがり症の対策について紹介しちゃうわ!

緊張していると相手に伝わる

人は緊張すると話し方、仕草、表情等に変化が出てしまい、相手に緊張していることが伝わってしまうの。

具体的には、会話に間ができたり、言い間違いが増えたり、こわばった表情になったり、髪を触ったり、手遊びが増えたり・・・

すると相手にも緊張が伝わってしまうしいいことはないわ。

後は声が小さくなり自信が無さそうに見えることで魅力が半減されてしまう。

こういった意味でも緊張状態からは早く脱出することがデートを成功させるためには重要になってくるわね。

あがり症とは?

あがり症の人は極度の緊張から人と上手く話せなくなったりする現象で、対人不安が原因であると言われているわ。

こういった人は完璧主義で真面目過ぎる性格であることが多く、自分の能力以上の評価を求めちゃうことで自分を追い込んでしまっているの。

相手に自分がどう思われているか?

というのを気にしすぎてしまっており、特に初対面の人や多くの人の前で話す時に症状が出るわ。

もちろんデートのような失敗できないという状況でもあがり症は出てくるわね。

緊張しないようにするためには?

手の平に『の』の字を書いて飲む。

というおまじないもあるけど、あんなのはプラシーボ効果みたいなものw

緊張しないようにするためには自分に結果を求めすぎないこと

ハードルを下げてあげて、ダメで元々くらいの感覚で挑むのが一番いいんだけど、あがり症の人はなかなかそううまく切り替えはできないわ。

その中で緊張を緩和させる方法はとにかく準備を完璧にすることね。

デートコースの下見や、どんな会話をするか入る店のメニューまでシュミレーションをしていればある程度の予想外の事態にも対応できるものよ。

こういった準備が不足しているから不安になり失敗したらどうしよう⇒緊張に繋がっちゃうから、その不安要素を取り除いちゃおうってわけ!

まとめ

緊張すると相手に緊張が伝わってしまって魅力が半減するわ。

デートを成功させるには緊張してしまいそうな精神状態をしっかりコントロールすることが大事。

でもあがり症の人はどうしても緊張してしまいがち。

そんな人は自分に結果を求めすぎないというのも大事だけど、しっかりと準備し完璧な計画を立てるというのも不安を取り除き、緊張を和らげる方法ね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク