友達から始まる恋 好きにかわる時の心理的変化

男女の友情ってあると思う?

あたしはないと思うわ。

友達と思っていてもいつのまにか好きになっていることってあると思うけど、そういう時ってどんな変化が起こってるのかな?

友達関係から恋が始まる瞬間の心理的変化のお話ね。

男女の友情はありえる?

よく男女の友情があるかないかって話になると思うけど、あなたはどう思う??

あたしは無い派ね。

でも女性の多くは有る派なんじゃないかな?

男性より女性の方が好き嫌いがはっきりしていてわかりやすい人が多いもんね。

まあ男女の友情が成立している人がいるのも事実。

だけど友達と思っていたらいつの間にか相手のことが好きになっていって自分の気持ちに戸惑うこともあるんじゃない?

こんな時心理的な変化はどういうことが起こっているのかな?

友情と愛情の違い

友達関係にある友情には心理的に3つの要素が含まれているわ。

・好意・・・相手のことをいい人だと思う気持ち。

・尊敬・・・素晴らしい能力を持っていると感じる。

・類似・・・自分に似ているところがある。

という3つの要素。

しかし恋をして相手への気持ちが愛情になるとその要素が変わってくるの。

・親和・依存欲求・・・相手と親密に繋がっていたい。

・援助傾向・・・相手の幸せの為なら犠牲になっていい。

・排他的感情・・・相手を独り占めしたい。

という3つの要素に変化するわ。

同じ好きでも意味が違う

LoveとLike、同じ好きという言葉なのに全然意味が違うわよね。

この心境の変化にこれは恋?と戸惑うこともあるわ。

認めたくなかったり、恥ずかしかったり色んな気持ちはあるかもしれないけど、しっかり自分の気持ちと向き合って感情を理解することが大切。

もたもたしてると誰かに奪われちゃうわよ!

好意が愛情に変化すると楽しいだけじゃなく独り占めしたい気持ちとか、いないと寂しいといったマイナスの感情も生まれてくるの。

これは友達では沸き上がらない感情ね。

相手のことずっと考えちゃったりちょっと寂しい気持ちが出てきたりするとそれは恋かもね!

恋愛をするとつらい?好意と愛情の違いについてはこちら

まとめ

男女の間で友達と思っていてもいつのまにか好きになっているなんてこともあるかと思うわ。

そんな時に起きる心理的変化について理解しておけば、自分の気持ちに戸惑ったりすることもないわ。

友達関係では好意、尊敬、類似という三つの要素があり、

恋をして恋愛関係になると親和・依存欲求、援助傾向、排他的感情という三つの要素が

出てくるの。

会えなくて寂しい、独り占めしたい等の辛い想いが出だしたら間違いなく恋をしているわ!

そうならそうで認めてがんばっちゃうのよ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク